事実に基づいた当たり前の競馬情報

ブックメーカーは大穴で高いリターンの可能性

競馬

ブックメーカーは日本ではなじみがありませんが、主にヨーロッパでは盛んなギャンブルです。様々な事象が対象となり、天候や選挙なども対象となりますが、人気があるのはスポーツや競馬です。スポーツは観戦しながら熱中することができるため、ブックメーカーとの相性が良いです。

競馬と同様にブックメーカーはギャンブルなので、結果次第でどちらにも転びます。したがって安定性はありませんが、予想の仕方によっては投資に使うことも不可能ではありません。まず、倍率が公営ギャンブルと比較すると高いです。競馬などの公営ギャンブルの控除率は2割ほどにもなりますが、ブックメーカーは数パーセント程度になります。

競馬

場合によっては運営側が損をする可能性もあることが公営ギャンブルとの違いです。いわば、胴元との真剣勝負をすることになり、客同士の取り合いという要素は低くなります。
控除率が低いことは、同じスポーツが対象となっている場合で同じ予想に成功したとしてもリターンが大きくなることを示します。公営ギャンブルでも大穴が当たれば大きな配当になることがありますが、ブックメーカーはそれがさらに大きくなります。実際に高額配当も出ていて、数千万から億単位の配当も過去にはあります。

競馬をやっていくのであればブックメーカーの知識は当たり前のように覚える必要があります。より良い条件で競馬は勝負していくようにしてください。

ブックメーカー 海外競馬のことならこちらへ

競馬 レース

馬券の種類

馬 顔

馬券を購入するからには、的中させたいのが目的の一つとして上げる事が出来ます。馬券には、数種類あり、当てるのが難しいほど、当たった時の配当倍率が高くなるのです。

的中させやすい馬券はもちろんあります。それは、複勝という馬券です。
出走馬が、7馬以下の場合には、2着まで、それ以上の場合には、3着までに入れば的中という、とても簡単に当てる事が出来るのです。当たる事だけを考えて購入する場合には、これ以上簡単な物は無いと言えます。当てやすい投票馬券となりますが、配当倍率は、その分とても低くなるので、一獲千金とまで行かないのが事実となります。競馬を楽しむという点では最高となります。

次に簡単なのが、単勝という投票馬券となり、1着になる競走馬を当てるだけのシンプルな物になります。最高でも18通りしかないので、予想するのも簡単です。複勝に比べて配当倍率が高い事もあり、競走馬を応援している人の購入もとても多いです。また人気が無い競走馬が1着入賞した場合には、100円の投票券でも、100倍以上の配当倍率にもなる事があり、大金を手にする人も実際に数多く出ているのが事実です。

この他にも投票馬券の種類はたくさんあり、慣れてきたら色々と挑戦してみるようにすれば、競馬の楽しみが段々と増えるのです。同時にブックメーカーも有効活用してください。ブックメーカーの方がオッズの高いレースがあります。

競馬レース